経済のかなめ総合商社|貿易の仕事をしたいなら求人で探そう|人生を諦めたくないなら

貿易の仕事をしたいなら求人で探そう|人生を諦めたくないなら

経済のかなめ総合商社

面接

知識がなくとも

貿易というと大手の商社マンと連想する人も多くいます。また世界を自分の目で見てみたいと、商社マンに転職を希望する人もいます。商社に入社するほとんどの人は、学生のころに貿易実務のことも海外とのいろいろな交渉のことも、勉強したり体験していないのが普通です。学生のころに貿易実務をしっかりと学んでいたとしても、実際の仕事とはかなりかけ離れたものになっています。学習を仕事に応用するには、実際の仕事を通して経験を身につけていくことが大切になってきます。ですから貿易について知識がなくても経験がものをいう世界になっていますので、ほかの業種から転職したとしてもやる気さえあればいくらでも仕事はこなせるようになっていきます。

不利ではない

総合商社では仕事があまりにも多様化されているために、学校や本で教えられる貿易実務の内容から離れすぎていることが多くなっています。また商社の各部門では、独特の取引形態を持っていますし、社内では仕事が分業体制になっていて、営業や運輸、財務などがそれぞれの仕事を分担していますので、商社の中で仕事の進め方を学んでいく必要が出てきます。商社から見て転職者に臨んでいるのは充実した常識や広い見識、強い好奇心や、語学能力になります。商社だから商学部出身の転職者がよいということはなく、法学部や経済学部を卒業した転職組も多くいます。商社は幅広い人材を受け入れることによって、商社の多様性を保っています。ですから転職に不利はありません。効率的に仕事先を探している方は、転職サイトや人材派遣サイトを見てみるといいでしょう。求人欄にはどのような人材を求めているかや仕事内容が載せられているので、自分が働きたい思った貿易会社があれば、サイトに登録して仕事を紹介してもらいましょう。